2018年 10月 16日 (火)

いきなり!「頭薄い」呼ばわり たむけんブチ切れ

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   お笑いタレントで実業家のたむらけんじさん(43)が、ツイッター上で怒りをにじませている。大阪・アメリカ村にあるステーキ店「いきなり!ステーキ」の店員とみられる人物がツイッターでたむらさんの来店情報をつぶやいたためだ。

「たむけんが店きてんねんけど、思ってる以上にでかい!!!ほんで、頭の薄さは予想通り。笑」
  • たむらさん、店員に突撃(画像はツイートのスクリーンショット/J-CAST編集部で一部加工)
    たむらさん、店員に突撃(画像はツイートのスクリーンショット/J-CAST編集部で一部加工)

「お客様の事をバカにしてはるんですね」

   2016年11月29日昼すぎ、店員とみられる人物は興奮気味にこうツイートした。

   よほど気に障ったのだろう。たむらさんは約1時間半後、引用ツイートの形をとりながら「アメ村のいきなりステーキの店員さんですよね?」と突然呼びかけた。そして、

「いきなりステーキさんの店員さんはお客様の事をバカにしてはるんですね。残念です。2度と食べに行きません」

と「絶縁宣言」。さらに「うちの店員にもこのような事はしない様に徹底しなければなりません」として、自身が経営する飲食店での従業員教育徹底を誓った。

   たむらさんの「反撃」を受け、ツイート主はすぐに投稿を削除。ほどなくしてアカウント自体も消してしまった。

店員と責任者が直接謝罪へ

   一連の流れは注目を集め、たむらさんのもとには

「酷いですね。最低!!」
「教育出来てないお店なんですね。行きたくないですね」
「お客さんの事をバカにする店って食べ物屋以外の店でも嫌です」

といった同意コメントが寄せられた。

   しかし「笑い」の要素を一切含まない本気のツイートだったことから、一方では

「芸人がこういうマジギレしてると主張が正しくてもドン引きしちゃうわ」
「芸人なんて笑われてナンボなのにこいつは何をキレてるんだよ」
「おまえ芸人やん。いじられたら、なんかおもろいこといえや」

という声も少なからずあった。また、ツイートだけでは「いきなり!ステーキ」の店員だという確証がないこともあり、店名を出して批判したことへの疑問の声も上がっていた。

   12月1日、J-CASTニュースが同店を運営するペッパーフードサービス(東京都)に取材したところ、広報担当者は「本件についてはすでに把握しています」と話し、ツイート主はアメリカ村店のアルバイト店員だと説明した。現在は、同店員と責任者による直接の謝罪に向けて動いている段階だという。また、全店に対して再発防止に向けた通達も行ったそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...