「金本阪神」、2年目の命運とトラファンのキバ

印刷

   大谷翔平が2億7000万円の年俸を勝ち取った2016年12月5日、阪神の新人入団発表が行われた。金本知憲監督、勝負の2年目スタートを切った。

   この発表会見に金本監督が出席した。おめでたい席とあって、シーズン中にはない笑顔を見せた。

  • 大砲と守りの補強をして2年目にのぞむ金本阪神だが(写真は著書「覚悟のすすめ」:Amazonより)
    大砲と守りの補強をして2年目にのぞむ金本阪神だが(写真は著書「覚悟のすすめ」:Amazonより)

「私の方がいい顔しているぞ」

   たとえば、こんなシーンである。

   1位指名の大山悠輔内野手(白鴎大)に絡めて、

「監督と顔が似ていませんか」

との声が報道陣から出た。

   金本「私の方がいい顔しているぞ」

   大山「負けていないと思います」

   会場は大きな笑いに包まれた。明るい雰囲気のなかで新しい戦力とともに金本監督は来シーズンへの決意を見せた。

   大山は、大学有数の長距離バッター、と評価は高い。4位に終わった今季は、大砲不在がその原因の一つになっている。それだけに金本監督は大きな期待を寄せた。

フライの捕れないチーム

   今季の阪神は、何度か「草野球並み」と厳しくたたかれた。とりわけお粗末な守備は目を覆うばかりだった。

   NHKの番組で監督自らが語っている。

「フライの捕れないチームはうちだけじゃないかな。よくポロリとやったからね。外野にフライが上がったらハラハラしたもの。安心だったのはライト(福留孝介)に飛んだときだけ」

   まだある。

「野手が衝突するんだよ」

   打球はグラウンドに落ちる、というわけである。こんなシーンに打つ手がなかったという。

   「若手の起用」を目指して戦ったのだが、やはり経験不足はいかんともしがたく、勝敗の足を引っ張った。

   阪神はプライドの高いチームである。あの名将の野村克也監督でさえ意識改革は難しかった。最下位に低迷する結果でしかなかった。金本監督もさい配を振るって分かったことだろう。

   外国人選手を積極的に取り、さらにFAの糸井嘉男を獲得した。来年の成績によってはトラファンがキバをむく。金本監督の明るい笑顔がどう生きていくか。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中