民進、党首討論「ネット中継」は空振り 最初の視聴者500人

印刷

   民進党が2016年12月7日午後に行われた党首討論の模様をインターネット上で実況中継した。YouTubeのライブ配信機能を使い、細野豪志代表代行と玉木雄一郎幹事長代理が討論の中継画面を見ながら解説を行った。党によると「初の試み」という。

   9月に代表になったばかりの蓮舫氏が安倍晋三首相と「直接対決」するのはこの日が初めて。党としても、蓮舫氏の記念すべき舞台で新企画に乗り出したわけだが、放送後の玉木氏の自己採点は「(100点満点中)5点...4点ぐらいで」と厳しいものだった。

  • 細野豪志代表代行と玉木雄一郎幹事長代理が出演(画像はライブ配信中のスクリーンショット)
    細野豪志代表代行と玉木雄一郎幹事長代理が出演(画像はライブ配信中のスクリーンショット)

細野代表代行と玉木幹事長代理が「実況」

   民進党は前日6日に「裏実況中継」の実施をアナウンス。蓮舫氏の質問のポイントを分かりやすく説明するとともに、安倍首相の発言についても「党の立場」から指摘するとしていた。

   約30分の持ち時間中、蓮舫氏はカジノを中心とした統合型リゾート(IR)推進法案を重点的に取り上げ、経済問題や働き方改革も含め、首相と論戦を交わした。

   画面隅のワイプに映る細野・玉木の両氏は、蓮舫氏の質問の意図を解説するとともに、首相の答弁に「(ただのリゾート施設なら)そもそも法律はいらない」「総理は都合のいい数字だけ出す」などと反論。同時に首相の「やり方」についても言及し、

「総理の1つの問題は若干答弁が長い。1回立つと5分立つ」(細野氏)
「困ると必ずヤジに(話を)ふる」(玉木氏)

などと述べた。

   また、首相が自身について「行政府の長」と述べた際には、玉木氏が「今日は言い間違えませんでしたね。時々『立法府の長』って言ってますから」と過去の間違いを引合いに皮肉った。

「点数付けられたら、5点か4点ぐらい...」

   討論終了後、2人は蓮舫氏を「落ち着いてやっていたと思う」「最初にしては非常に良かった」とおおむね高く評価したが、自身らの実況中継については反省点が多かった様子。玉木氏にいたっては「我々も点数付けられたら5点くらいかもしれません。4点ぐらい...」と厳しい自己採点を下した。

   告知が前日とギリギリだったこともあってか、討論開始ごろの視聴者は500人程度だった。配信中に設けられていたチャット欄には、

「おもしろかった」
「また実況してほしいです」
「解説はいろんな人でやってほしいね」

と好意的な声もあれば、

「こんな一方通行の放送なら二度とみねーよ」
「発信よりも党内議論ちゃんとして!」

といった厳しい声も寄せられていた。

   党広報担当者によると「報道以外の露出を考える中で動画を強化しようという流れがあり、今回の放送を決めた」という。配信後はアーカイブで閲覧できるようにしており、「政治に興味がなかった人も含め、幅広い人に見てもらいたい」とのこと。今後の配信については「視聴者の方々や党内の評判をみて考えていく。帯でレギュラー化することも検討している」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中