2018年 12月 10日 (月)

「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国土交通省が国内の自動車メーカーの「対歩行者」の自動ブレーキを初めてテストし、結果を公表した(2016年12月1日)。今回、試験を行ったのは富士重工業(スバル)4車種、トヨタ自動車2車種、レクサス2車種、ホンダ、マツダ、スズキ各1車種の合計11車種。いずれも「対車両」や「はみ出し警報」などを合わせた予防安全性能の総合評価で最高ランク(ASV++、71点満点中46点超)を獲得し、最高得点だったのはマツダアクセラの70.5点だった。

   2位はスバルフォレスターの69.5点、3位はスバルインプレッサの68.9点、4位はスバルレヴォーグ/WRXの68.5点とスバルが上位を占め、5位はトヨタプリウスの68.1点、6位はスバルレガシィとレクサスRXが68.0点で並んだ。最下位の11位はホンダフリードの58.4点だった。

  • 国交省が自動ブレーキ性能を初めてテストし、結果を公表(画像はイメージ)
    国交省が自動ブレーキ性能を初めてテストし、結果を公表(画像はイメージ)

「自信のあるメーカーしか応募してこなかった」

   国交省は2014年から「対車両」の自動ブレーキの性能評価(自動車アセスメント)を行い、結果を公表してきた。今回から試験車両を時速10~60キロの範囲で5キロ刻みで走らせたうえ、路上に人形を飛び出させて、自動ブレーキで止まれるかを測定した。人形は大人(身長180センチ)と子供(同120センチ)の2種類があり、衝突すると減点となる。

   国交省の自動車アセスメントは年度ごとに前期と後期に分けて行い、年度通算となる後期は毎年5月ごろに結果が公表される。今(16)年5月に発表した15年度の後期アセスメントは、販売台数が多い車種など43車種を国交省選定して実施した。これに対して、対歩行者自動ブレーキ初の試験となる今回(16年度前期試験)は、応募があったメーカーの車両のみをテストしたため、11車種と対象車種が少なかった。

「自動車事故対策機構」HPで動画を視聴できる

   今回テストした11車種が、いずれも総合評価で最高ランクとなったのは、「自信のあるメーカーしか応募してこなかったから」(政府関係者)というのが実情だ。とりわけスバルは運転支援システム「アイサイト」の安全性を証明するためにも、2016年10月発売の新型インプレッサなど4車種を投入。「対歩行者」項目追加で初の首位を狙ったが、僅差でマツダアクセラに敗れた。

   実際の試験は、国交省が独立行政法人「自動車事故対策機構」に委託して行った。対歩行者自動ブレーキなど試験の模様と結果は、同機構のホームページで動画を視聴できる。国交省によると、交通事故の死者のうち、歩行者が占める割合は37%と最も高い。国交省は対歩行者自動ブレーキの試験に加え、乗用車3車種と軽自動車1車種の衝突安全性能の結果も合わせて公表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中