2018年 9月 23日 (日)

米ヤフーで10億人分の個人情報流出 ヤフージャパンには影響なし

印刷

   米ヤフーは2016年12月14日(現地時間)、13年8月に外部から受けたサイバー攻撃で10億人分を超えるアカウント情報が流出していたと発表した。

   第三者がシステムに侵入し、名前、住所、メールアドレスなどの個人情報を盗んだと説明している。米ヤフーでは今後影響を受けた可能性のある利用者に対してパスワードや、セキュリティに関する質問と回答などの変更を求める。米ヤフーは9月にも約5億人分の個人情報が盗まれたと発表しているが、今回の流出との関連性はないとしている。

   日本のヤフーはJ-CASTニュースの取材に対し

「米ヤフーとヤフージャパンは別システムで運営しているので、日本のユーザーへの影響はありません」

と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中