2018年 12月 12日 (水)

ベビースター「ベイちゃん」引退に「なぜ?」 惜しむ声殺到

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   人気のスナック菓子「ベビースターラーメン」の公式キャラクターとして活躍してきた男の子「ベイちゃん」が、2016年いっぱいでの引退を宣言した。妹の「ビーちゃん」もいっしょに辞める。

   「ベイちゃん」と「ビーちゃん」の突然の引退に、東京・渋谷では2016年12月13日朝にスポーツ紙が号外を配布。手にとって落胆する人が現れたほか、インターネットにも惜しむ声が殺到した。

  • 「ベビースターラーメン」の顔として約30年・・・(画像はおやつカンパニーの提供)
    「ベビースターラーメン」の顔として約30年・・・(画像はおやつカンパニーの提供)

「中国風」コスチュームで人気

   「ベビースターラーメン」の製造元である、おやつカンパニーは、商品の公式キャラクター「ベイちゃん」と「ビーちゃん」が年内に引退すると、2016年12月13日に発表した。 すると・・・

「うそやろ。なんで引退?」
「引退してどないすんのや。ええやん、今のままで。何でも変わればいいってもんちゃうぞ」
「ベビースターというだけで、すぐにその子の顔が浮かんだわ」
「キャラクターの顔とベビースターとがピッタリだと思うんだけど。名前は知らんかったけどw」
「なんか、さびしい・・・」

   インターネットには、こんな悲しみや惜しむ声が続々と寄せられた。

   なかには、

「40年前くらいかな。橙色の袋に女の子の顔だったよね。よく食べたわwww」
「凄い商品になったよなぁ。テレビCMはやるは伊勢志摩サミットの土産にもなって」

と、「ベビースターラーメン」がなくなるのと勘違いしているような声や、

「リニューアル向けに新キャラの登場やろ。宣伝、宣伝」

と、冷めた声もないわけではないが、「不安」な声が広がり、ちょっとした騒ぎになっている。

   おやつカンパニーにも直接、「なぜ、引退するのか」「辞めないで」「30年間、ありがとう」などの声が寄せられた。

   2016年12月13日、同社はJ‐CASTニュースの取材に、「さままざな声をいただいております。約30年にわたり、『こんなにも愛されてきたんだな』と改めて感じました。本当に感謝しています」と話している。

   ちなみに、「ベイちゃん」「ビーちゃん」は引退するが、ベビースターラーメンの製造・販売は続ける。

ベイちゃん「あっという間の30年」とコメント

   ベビースターラーメンは、1959年に「ベビーラーメン」(前身の松田食品が製造)の名称で発売した味付きフライ麺のスナック菓子。現在、年間2億食を生産。海外にも進出している。子どもの頃のおやつや、遠足や修学旅行のお供として、誰でも1度は食べたことがあるのではないかと思うほどの人気だ。

   発売当時はオレンジ色のパッケージに女の子のキャラクター(名前はとくにない)が描かれていたが、1971年に現在の名称に変更。88年にパッケージデザインを刷新したのを契機に、男の子のマスコットキャラクター「ベイちゃん」を採用。2000年には妹として「ビーちゃん」がデビューした。

   おやつカンパニーによると、兄妹は東京都在住の10歳と8歳で、父は作家、母はデザイナーの設定という。子どもが手にとりやすいよう、パッケージから「ラーメン」をイメージできて、味の想像できるよう、たとえば主力の「チキン味」ではベイちゃんが中国風の服、ビーちゃんがチャイナドレスで登場したり、また「関西だししょうゆ味」ではベイちゃんがねじり鉢巻き姿で登場したり、「カレー味」ではターバンを巻いたりと、フレーバーや季節、ご当地(地域限定品)にあわせて、さまざまなコスチュームをまとってきた。

   そんな姿がかわいらしく、約30年間にわたってベビースターラーメンの「顔」として愛された。

   気になるのは、「なぜ、引退するのか」だ。おやつカンパニーは、「それ(引退理由)は、お話しできません」と、ヒミツという。同社は、「(皆さんに愛されていたことは)十分に承知しています」と話すものの、「ベイちゃん」「ビーちゃん」兄妹の引退撤回はないようだ。

   今後のキャラクター展開について、おやつカンパニーは「公表できるタイミングになったら、順次お知らせします」と話した。同社のホームページには、「ベイちゃん」の引退コメントが掲載されている。そこには、

「僕たちも、新しい時代へとバトンタッチしていくことを決めました」

とあり、最後に

「あっという間の30年。本当にありがとうございました」

と結ばれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中