2018年 8月 17日 (金)

失禁尿で発電システム、立命館大が開発 おむつ交換時期を無線で知らせる

印刷

   失禁の排尿で発電し、その電力で無線機を駆動させて、おむつ交換のタイミングを家族や介護者に知らせる装置「尿失禁センサシステム」を立命館大学の研究チームが開発し、2016年12月13日に同大東京キャンパスで研究内容を発表した。J-CASTヘルスケアの取材に、立命館大学研究部BKCリサーチオフィスの担当者が答えた。

   立命館大のウェブサイトによると、この装置は使い捨ての紙おむつに取り付けて使用する。センサー部分はおむつ交換時に取り外し、繰り返し利用できる。今後、乳幼児や高齢者向けの実用を目指す。

  • 立命館大学が研究を進める尿失禁センサシステム(提供:立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス)
    立命館大学が研究を進める尿失禁センサシステム(提供:立命館大学 研究部 BKCリサーチオフィス)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中