2019年 12月 8日 (日)

宮根誠司、釈放ASKAに「謝罪なし」 「一体あの逮捕劇は何だったのでしょうか」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

ASKA父に「息子さんは残念ながら...」

   12月4日放送の同番組では、福岡にいるASKAさんの父親を直撃取材した様子を放送。父親はASKAさんが飲んでいる風邪薬や栄養ドリンクに覚醒剤と間違える成分が入っていたのではないかと考え、番組に分析を依頼していた。宮根さんは、専門家の否定的な見解を受けて、父親にこう言ったのだ。

「お父さんが息子さんを信じたいという気持ちは分かりますけど、この中(風邪薬)の中からは出ませんから。息子さんは残念ながら覚醒剤を使用してらっしゃるということになると思いますよ」

   芸能リポーター・井上公造さんもバッシングを受けた1人だ。逮捕当日に「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に生出演していた井上さんは、ASKAさんが自身に送ってきたという未公開音源を無断で流してしまったのだ。

   番組終了後、ASKAさん本人から電話口で「曲流しちゃだめだって」と指摘されたが、井上さんは「あれは逆に聞かせたほうがいいかなと思ったんですよ」と受け流した。

   そのため20日の「ミヤネ屋」では宮根さんや井上さんの発言に注目が集まったが、宮根さんの冒頭の一言は「一体あの逮捕劇は何だったのでしょうか」。その後、尿検査の話を詳報するも、ASKAさんや父に向けた明確な謝罪と受け取れる言葉はなかった。井上さんは出演そのものがなかった。

   これを受け、ネット上では「はやく謝罪しなさいよ」「まず報道姿勢を反省しろ」「一言あってもいいよね」などと、ブーイングが飛んでいる。

   一方で株を上げたのが日本テレビ系「スッキリ!!」のMC、加藤浩次さんだ。20日の放送では「僕自身、起訴の方向になると思った部分あったんですよね。ぼくも(起訴されると)思って発言したこともある」として、ASKAさんの逮捕後の自身のコメントを振り返り、「その部分に関しては、ぼくもしっかり考えなくちゃいけない」と真剣な表情で述べていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中