ロシアに「親しみ感じない」76.9% 内閣府世論調査

印刷

   内閣府が2016年12月24日付で発表した「外交に関する世論調査」の結果によると、日露関係についてロシアに「親しみを感じない」と答えた人が76.9%にのぼった。1月の前回調査から2.4ポイント低下したが、高水準が続いている。

   日露関係は全体として「良好だと思わない」、と回答した人は65.2%で、前回から5.8ポイント低下。今後の日露関係の発展が両国やアジアおよび太平洋地域にとって「重要だと思う」と答えたのは77.0%だった。

   調査は10月27日から11月6日にかけて、18歳以上の日本国籍を持つ3000人(有効回収数1804人)に対する個別面接を行い、日本と諸外国との関係、対外経済など6種類の項目について聞いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中