今度は広尾病院移転「白紙」 小池知事、「築地」「豊洲」後の標的

印刷

   東京都の小池百合子知事が2016年12月25日の報道番組「新報道2001」(フジテレビ)で、都立広尾病院の青山への移転問題について「これからどうするかは白紙」だと述べた。

   移転計画は舛添要一前知事の在任時に本格化し、16年度予算案では土地の購入費用まで盛り込まれたが、経緯が不透明だとしてほどなく問題化。「第2の築地市場」問題だとも指摘されていた。

  • 現在の広尾病院の建物は1980年に完成した
    現在の広尾病院の建物は1980年に完成した

予算案では土地購入代金370億円計上

   広尾病院の現在の建物は1980年に完成し、現在の位置で改築すべきか移転すべきかの議論が続いていた。15年度になって同年に閉館した青山の「こどもの城」跡地を購入して23年度をめどに移転する計画が浮上し、16年度予算案では土地購入費用370億円が計上された。この予算案は3月25日に大きな反対意見が出ることもなく可決されたが、計画を知らされていなかった病院関係者も多かったようで、小池知事当選後の8月31日に医療専門家を集めて行われた

   「第1回首都災害医療センター(仮称)基本構想検討委員会」

   では、

「ちょっといま一度立ち止まって考えてほしい」
    「経緯については、やはりもう少しはっきりさせてほしい」

などと移転計画の不透明さを批判する声が相次ぎ、紛糾していた。

「予算の執行も当然ない」

   小池知事は12月25日の番組で、移転計画について問われ、

「予算の執行も当然ないし、これからどうするかは白紙ですね。ですから、この広尾病院の話は、むしろ(防災計画上の)ヘリポートをどうするかという観点から考えられた方が建設的だと思う」

と述べた。番組にコメンテーターとして出演していた元三重県知事の北川正恭・早稲田大名誉教授が

「今はそう(広尾病院を)でしょ、で、それを移転すると言う話じゃないですか?」

と念を押すと小池知事は

「それは現時点では白紙。ただ、検討会でどうあるべきか、ということはやっている」

と答え、都の検討委員会で検討を続ける考えを示した。検討委員会は1か月~1か月半に1回のペースで会合が開かれ。直近では12月14日に開かれている。次回日程は未定だ。

   小池氏は、広尾病院の移転問題を週刊朝日などが「『第2の築地市場』問題」などと報道した9月以降、定例の記者会見で、

「私あまり詳しくは承知をしておりませんので、幾つも今、課題がある中で、優先順位については、私は現時点であまり高いところに置いていない」(9月23日)
    「一度、情報は整理していきたい」(10月7日)

などと述べるにとどめていた。

   今回、小池氏が移転問題を「白紙」としたことは、築地市場の移転や東京五輪・パラリンピックの移転問題に一定の結論が出たことで、小池知事の中で政策決定の優先順位が上がった可能性もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中