2020年 10月 23日 (金)

今度はブチ切れ配達員 「また佐川急便」は偶然か

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   宅配便大手・佐川急便の制服を着た男がマンションの敷地で荷物を地面に何度も叩きつけ、蹴飛ばし、台車までブン投げるという動画がユーチューブにアップされネットが騒然となった。佐川急便はこの男が自社の従業員であることを認め謝罪した。

   同社はこのところ配達先の代引き伝票を書き換えたり、遅配の問題が起こったり、駐車違反身代わり出頭事件で逮捕者が出るなど不祥事続き。あまりの異常事態にネット上では企業批判を通り越して、従業員に対する同情や、何者かの「陰謀説」も出ることになった。

  • 閲覧数は250万回近くになった(写真はユーチューブより)
    閲覧数は250万回近くになった(写真はユーチューブより)
  • 閲覧数は250万回近くになった(写真はユーチューブより)

代引き不正など不祥事続き

   問題の動画は2016年12月6日に何者かによって公開され、撮影日時は6日11時50分頃となっている。閲覧数が27日16時30分現在で250万閲覧近くになっているほか、コピーされたものがいくつも出回っている。

   動画ではマンションらしき建物から佐川急便の制服を着た男が3~4個の宅配荷物を持って現れる。強風が吹いていて荷物が飛ばされたりする中、男は突然キレたようになり荷物を何度も地面に叩きつけ、蹴飛ばすだけでなく、台車を持ち上げ投げつけた。通行人がそれを見ていてもお構いなしだった。そして最後は荷物を台車に乗せ、それを押して画面から消えた。

   ネット上で大きな騒ぎになったのは12月25日頃からで、現場と撮影場所の特定が行われ、この男がキレた原因は、時間指定で配達したが住人は不在だったことが荷物への八つ当たりに発展したのだろうといった推測が出た。その後、新聞、テレビといったメディアが一斉に取材を開始し、佐川が自社の従業員であることを認め謝罪したと26日に報じた。J-CASTニュースが27日、同社に取材したところ、

「色んなことにイライラしていたため、ああいった身勝手な行動につながったと話しています。現在は内勤に移していて、どんな処分にするか検討しています」

と同社広報は話していた。内勤では普通に仕事をこなし、男は動画を見て「異常な行動だった」と驚いているという。

   それにしても佐川は異常なほど不祥事続きだ。12月18日には、「佐川急便に代引きの値段を書き換えられ多くお金を取られました」などとツイッターで告発された。1万6783円の請求伝票の「6」が「8」に書き換えられていて、2000円多く支払わされていたことが分かり、ほどなく会社側も認めた。また荷物が届かない、営業所に電話がつながらないなどといった騒ぎも起きている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中