「CanCam」最新刊に虫マニア大興奮のナゼ 「人生で初買い」「かみさん同伴で購入」の狙い

印刷

   女性向けファッション誌「CanCam」(小学館)の最新刊が、なぜか虫マニア・昆虫愛好家にウケている。

   一般的に、同誌の世界観や内容と馴染まない層に見えるが、その理由は一体......。愛好家たちの熱い視線の先にあったのは、付録の自撮り用ライトだった。ツイッターでは今、ライトを使って昆虫を「かわいく」撮る動きが過熱している。

  • ネットユーザーはこれで「虫撮り」(写真は同誌の付録「自分史上最強自撮りライト」)
    ネットユーザーはこれで「虫撮り」(写真は同誌の付録「自分史上最強自撮りライト」)

「カメラ雑誌だとこの値段では作れない」

   注目を浴びているのは、16年12月23日(首都圏など)発売の同誌(17年2月号)だ。見どころは、SNSに投稿する写真の撮り方を指南する特集「かわいい写真が撮りたい」。

   スマートフォンカメラの使い方から画像加工の「イロハ」まで解説内容は多岐にわたる。そんな特集の特別付録が、ハート型の「自分史上最強自撮りライト」。スマートフォンを挟んで使えば、「セルフィーが史上最強にかわいく撮れる」という。

   サイズは、タテ・ヨコおよそ8センチとかなり大きめ。別売りの単4電池2本を挿入すると、真っ白な光が明るく灯る。

   同誌によると、このライトを使って自撮りをすると、綺麗なセルフィーに仕上がるのだとか。目の中にハート型の「アイキャッチ」を入れたり、暗がりで顔をくっきり写したりできるのだという。

   SNSに日々セルフィーを投稿する女性には「刺さり」そうなこのライト。しかし、真っ先に飛びついたのは、なんと昆虫愛好家だった。

   ツイッターには、ライトを使って撮影したクワガタムシやカブトムシ、蛾、バッタの写真が相次いで投稿されている。毛虫やバッタの複眼にハートのアイキャッチを入れてみたり、カブトムシのボディに光沢感を持たせたりと、遊び心あふれる写真も多い。皆、

「複眼がハートになってる」
    「カブトムシを盛る事もできる」
    「カメラ雑誌だとこの値段では作れない」

と大興奮の様子だ。さらに、

「人生初cancamを買った」
    「ひとりで買う勇気が無いので、かみさんについてきてもらった」

といった微笑ましいツイートもみられた。

編集部「考えもつかない使い方をして頂いて...」

   ライトはなぜ、昆虫愛好家の心を捉えたのか。理由としてツイッターに挙げられているのが、圧倒的な光の量、頑丈なつくりだ。そうした特性を生かし、デジタルカメラに取り付けて本格的な撮影に臨む「強者」も現れている。

   今回の件、CanCam編集部はどう考えているのか。J-CASTニュースの取材に応じた担当者は12月28日、

「こうした反応は、ツイッターなどを見て把握していました。まったく予想していなかったので、非常に驚いています。編集部が考えもつかない使い方をして頂いて、嬉しく思っています」

と答えた。

   ライトの「こだわり」を聞くと、

「やっぱり発色ですね。肌をどれだけ綺麗に見せられるか考えて作りました。あと、持つだけでもかわいく見えるように、ハート型のデザインにしています」

と教えてくれた。

   使い方はどうあれ、色々な人に「自分史上最強」のライトとして受け止められたのは間違いなさそうだ。「かわいい昆虫写真が撮りたい」という特集も「アリ」なのかも......

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中