AKB紅白センター「極秘扱い」 リハは「ふわっとした」ダミー配置

印刷

   2016年のNHK紅白歌合戦に出場するAKB48のメンバー48人が発表され、12月30日午後、リハーサルに臨んだ。例年のリハーサルと違うのは、各メンバーが歌うポジションが現時点では「ダミー」だという点だ。順位と、それにともなうポジションが12月31日の本番当日に発表されるためだが、「『恋チュン』なら指原」といったように、楽曲から特定のメンバーが連想されることも多い。

   AKB48が披露する「夢の紅白選抜SPメドレー」を構成する曲目も、順位を推測するひとつのヒントになる可能性もありそうだ。

  • この画面はリハーサル用の「ダミー」。本番の1位はどうなる
    この画面はリハーサル用の「ダミー」。本番の1位はどうなる
  • 「ダミーの順位」としてセンターポジションで歌うHKT48の指原莉乃さん
    「ダミーの順位」としてセンターポジションで歌うHKT48の指原莉乃さん
  • 2曲目の「君はメロディー」は、元々HKT48の宮脇咲良さん(写真中央)がセンターだった
    2曲目の「君はメロディー」は、元々HKT48の宮脇咲良さん(写真中央)がセンターだった

「なんとなーくやればいいのかな?」

   AKBのリハーサルをめぐっては、制作統括の矢島良チーフプロデューサー(CP)は12月29日夜の囲み取材で、「ダミーの配置」で行うことを明らかにしていた。HKT48の指原莉乃さん(24)は29日夜放送の特番内で、ポジションが31日まで知らされないことを明かされ、

「ちょっと明日のリハーサル、どうすればいいんですか?」

などと困惑。司会の天野ひろゆきさん(46)が

「明日のリハーサルは、ふわっとやっといて...」

と応じると、指原さんは

「ふわっとやっといて?なんとなーくやればいいのかな??」

と、さらにいぶかしげにしていた。

2曲目は上位16人で歌う

   メドレーでは09年発売の「RIVER」、16年3月発売の「君はメロディー」の2曲を4分40秒かけて披露。RIVERが紅白で披露されるのは09年以来7年ぶりで、12月29日に発表された48人が歌う。その後、「フライングゲット」(11年)をBGMに、上位16人の名前がステージ中央のモニターに映し出される。最後に名前が呼ばれた1位をセンターに16人で「君はメロディー」を披露する、という趣向だ。

   この日のリハーサルでは、「ダミーで総選挙の順位を入れてある」として、16年の総選挙で1位だった指原さんがセンターだったが、指原さんは

「本番どうなるか分からないので、リハーサルのやりようがない」

とこぼしていた。

   AKB48が紅白歌合戦で披露するメドレーでは、少なくとも1曲はその年に出した楽曲が含まれるのが慣例だ。AKBが16年に出したシングル曲は、「君はメロディー」(3月)、「翼はいらない」(6月)、「LOVE TRIP」(8月)、「ハイテンション」(11月)の、4曲。それぞれセンターは、HKT48の宮脇咲良さん(18)、向井地美音さん(むかいち・みおん)さん(18)、指原さん、AKB48の島崎遥香さん(22)だった。

   15年の紅白では、元メンバーの前田敦子さん(25)、大島優子さん(28)がサプライズで登場した。リハーサルでは横山由依さん(24)が前田さんの位置を務めていた。サプライズを知らされていたのは横山さんを含めわずか数人で、本番のパフォーマンスの大半はリハーサルどおり進められていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中