元てれび戦士の仲間から悲痛ツイート 伊藤元太さんを襲った突然の死

印刷

   2008年から10年までNHK教育「天才てれびくんMAX」のてれび戦士として活躍していた伊藤元太さんが、2016年8月末、水難事故により亡くなっていた。番組企画としてスタートした「天てれサーカス部」の公式サイト上で2017年1月5日、明らかにされた。

   伊藤さんは当時18歳。春には早稲田大学に進学し、近く芸能活動を再開させる予定だったという。共演していた元テレビ戦士たちも友人の死を悼んでいる。

  • サーカス部の公式サイトに掲載されたお知らせ(画像は公式サイトのスクリーンショット)
    サーカス部の公式サイトに掲載されたお知らせ(画像は公式サイトのスクリーンショット)

父母「8月31日以来、時が止まってしまいました」

   サイトでは「お知らせ」と題し、「伊藤元太君が、昨年の8月31日に不慮の事故により18歳の若さでお亡くなりになりました」と伝えた。

   発表によると、伊藤さんはこの日、友達3人と青梅市内の多摩川に遊びに行っていた。友人1人と中州から川岸に戻る際に溺れてしまい、伊藤さんは流され、帰らぬ人となったという。

   公表が年明けになった理由については「ご両親の心の整理がつかず、これまで事故の経緯の一切を公にしておりませんでしたが、ご両親から相談があり、元太君の19歳の誕生日となる1月5日を期して、元太君とご縁のあった私達サーカス部のホームページ上でお知らせすることにしました」と説明している。

   サイトには伊藤さんの両親による手紙も掲載され、

「我が家は元太が亡くなった8月31日以来、時が止まってしまいました」
「元太の生の声が聞きたい。明るい元気な声をもう一度聞きたい」
「どうか元太の笑顔を思い出して頂けると幸いです」

などと、息子を失った悲痛な思いがつづられている。

   伊藤さんのツイッターは亡くなる前日(8月30日)の「車の免許取りました   これで一歩大人になった」という投稿を最後に止まっている。ファンらからは「小学生の頃からずっと見ていて大大大好きでした」「天国でたくさんわらって居ることを願います」といった声が数多く寄せられている。

「じゃあな。またな、元太」

   元てれび戦士たちからも悲しみの声が続々と上がっている。

   09年からてれび戦士を務めていた俳優の長江崚行さんは、5日、「誕生日おめでとう」と題したブログ記事を更新。出会った当時のことを振り返りながら、

「今までありがとう。生まれてきてくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。仲間になってくれてありがとう。色々と言いたいことがまだ残ってるんだけど、それは会えた時に言うよ。じゃあな。またな、元太」

と、感謝の思いを届けた。長江さんは16年9月に亡くなったことを知ったそうだが、「それだけ前に知っても、まだ実感がない」という。

   サーカス部でも一緒だったタレントの鍋本帆乃香さんは、

「私も最近知ったばかりなので、本当にまだ信じられないのですが...。私にとって元太は友達というより、弟みたいな存在でした。またみんなで集まれるって当たり前のように思っていたので、正直まだ混乱しています」

とツイッターで複雑な思いを打ち明けている。

   元タレントの木村遼さんも

「俺が初めて天てれ入って初めてできた友達が元太だったよ   でもどうして、初めて失う友人がおまえじゃなきゃいけないの   大学入ったらまたお泊りしようって、また遊ぼうって、言ったのに、なんでもう会えないの   お前なら泣くんじゃねーよって言うかもしれないけどそれは無理だよ」

とツイッターで追悼した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中