2019年 12月 15日 (日)

マジめっちゃ補強の巨人、でも注目度は大谷独走

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   巨人のメディア露出がめっきり減った年末年始だった。

   優勝した広島に17.5ゲーム差のツケである。必死の戦力強化を見ると...。

  • 史上まれにみる補強をした巨人だが注目度はいまいちか(画像は読売巨人軍公式サイトのスクリーンショット)
    史上まれにみる補強をした巨人だが注目度はいまいちか(画像は読売巨人軍公式サイトのスクリーンショット)

FA3人獲得は史上初めて

「巨人の年末年始に笑顔はなかった。あけましておめでとう、との挨拶はタブーの雰囲気だった」

担当記者の話である。

   高橋由伸監督は球団から厳しい要求を突きつけられた。「勝て」と。

「若い選手を獲得し、しっかり育てたい」

   この高橋監督の言葉通りに補強できたのか。球団の求めるのは今シーズンの優勝である。

   ドラフト会議で獲得したのは7人。みんな若い。高橋監督の期待の言葉に当てはまる選手なのだが、即優勝を狙う球団はそれに沿ってFA選手や外国人選手を獲得、チームの勝利をせかしている。

   FAで取ったのは3人。投手の山口俊(DeNA、3年7億円)森福允彦(ソフトバンク、2年4億円)に、外野手の陽岱鋼(日本ハム、4年10億)。

   FA選手3人を獲得したのは史上初めてというところに危機感が表れている。財政豊かな球団だけに大盤振る舞いだ。

「大谷翔平が巨人にいたら、間違いなく年俸20億円だよ」

そんな声がOBたちから聞こえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中