2018年 9月 24日 (月)

2019年元日から「新元号」? 産経・毎日が報道、菅官房長官は「承知していない」

印刷

   菅義偉官房長官は2017年1月10日午前の記者会見で、政府が19年(平成31年)1月1日に皇太子さまの天皇即位にともなう儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入ったとの報道について、

「報道されているような内容は承知していない。陛下の公務負担軽減を最優先で、静かに議論を進めていただいている」

と述べた。この「新元号」は、産経新聞が1月10日朝刊の1面トップ、毎日新聞が同日の夕刊1面トップ(いずれも東京本社最終版)で報じていた。天皇陛下が退位の意向を強くにじませた16年8月のビデオメッセージは、

「戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます」

という言葉で始まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中