生駒里奈に「矢口2世」の声 「ワンピース」声優めぐって土下座謝罪

印刷

   アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さん(21)が、2017年1月9日に自身のブログで土下座謝罪した。大ヒットマンガ、アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の大ファンを公言しているくせに、主要キャラ・エースを演じている声優が古川登志夫さん(70)だという事を知らず、それに対する激しい批判が起きたからだ。

   以前に元「モーニング娘。」の矢口真里さん(33)も同じような騒動を起こしていたため生駒さんは「矢口2世」とも揶揄されているが、古川さんがツイッターで生駒さんを庇う発言をするなど、批判一辺倒だった矢口さんとは状況が異なっている。

  • 「すいませんでしたーーー!!!」と土下座写真を公開(写真は生駒さんの2017年1月9日付けのブログから)
    「すいませんでしたーーー!!!」と土下座写真を公開(写真は生駒さんの2017年1月9日付けのブログから)
  • 謝罪ブログには「アニメ、漫画好きと言っております。その発言に関しては、お仕事の時、しっかり責任を持ってしているつもりです」
とも書かれている。
    謝罪ブログには「アニメ、漫画好きと言っております。その発言に関しては、お仕事の時、しっかり責任を持ってしているつもりです」 とも書かれている。

「エースだったんですね。すご~いと思って・・・」

   生駒さんが出演したのは17年1月9日放送のテレビ朝日系「人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙3時間SP」。文字通り声優200人の投票で「本当にスゴイ」と思う声優のベスト25が発表された。

   騒動のきっかけになったのは9位の古川さんが発表された時。生駒さんは若手アイドルのアニメファン代表のような形で番組に参加していた。その古川さんはアニメ「うる星やつら」の諸星あたる、「ドラゴンボール」のピッコロ、「機動戦士ガンダム」のカイ・シデンといったおびただしい数の当たり役を持っている。番組内で9位の発表があった際に、生駒さんが大ファンと公言している「ワンピース」のポートガス・D・エースも演じていると紹介されると、生駒さんは、

「エースだったんですね。すご~いと思って・・・」

などと驚いて見せ、エースが絶命する時に発したセリフを生駒さんに向けて古川さんが言うと泣き出してしまった。こうしたやり取りに違和感を覚える人が大量に現れ、

「生粋のワンピースファンなのに、古川さんがエースだって知らないんすか...???????????????」
    「ワンピースすごい好きとか言ってた序盤の発言がにわかであるのが明らかになってるぞ生駒」
    「エースの声優を知らない奴がそこ座るな」

などといった発言がツイッターに相次いだ。

   この「ワンピース」の「にわか」騒動で多くのファンらが頭に思い浮かんだのが矢口真理さんだった。矢口さんも大ファンだと公言していたが、12年3月19日放送フジテレビ系「SMAP×SMAP」の「第5回ワンピース王決定戦」に出演した際に、問題に1問も回答できなかった。矢口さんが口を開けば「炎上」するという状況はここから始まっていて、子供の頃からマンガ、フィギュア、恐竜、ラーメンが好きだと発言するたび「にわか」であるとして非難された。

   そうした記憶がよみがえり、今回、生駒さんの言動も「矢口2世」と揶揄され、古川さん以外の声優に対する様々な言動についても「にわか」であると決めつけられ、「番組の邪魔だ!」といった批判にもつながった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中