2018年 10月 21日 (日)

目の難病治療にiPS細胞を応用期待 理研、マウス実験で「網膜変性」回復

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   目の難病「網膜色素変性症(網膜変性)」で失明したマウスにiPS細胞(人工多能性細胞)由来の網膜組織を移植したところ、光への反応が回復したという研究成果を、理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センターが2017年1月11日に発表した。

   発表資料によると、網膜は光を視覚情報として脳に伝えるのに必要な組織だが、再生力が弱いため障害を受けると自然治癒は見込めない。網膜変性は、網膜の中で最初に光に反応する「視細胞」が変性、消失していく疾患で、末期になると人工網膜を用いる以外に確立した治療法はない。

   理研の研究チームは今回の成果により、人間の網膜変性患者にiPS細胞由来の網膜組織を移植する治療への応用が期待できるとしている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...