2018年 11月 15日 (木)

国立劇場さん、何やってんのwww 「PPAP」パロディー邦楽動画が急拡散

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   あの国立劇場が、ピコ太郎さんの大ヒット曲「PPAP」をパロディー化し、話題を集めている。

   太鼓や三味線、笛をフィーチャーした邦楽版PPAP、その名も「PNSP」(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)がYouTubeに投稿され、再生数を急激に伸ばしている。ネットユーザーから「なにやってんのwww」「演奏すごい」と驚きの声が上がった。

  • もうすぐ28万回再生(画像は国立劇場の動画より)
    もうすぐ28万回再生(画像は国立劇場の動画より)

公式キャラ「くろごちゃん」も華麗に舞う

   動画は2分ほどで、演奏者は唄のパートも含め7名。笛の独奏で幕を開け、そこに小鼓や太鼓の軽快なリズム、三味線の音が流れこんでいく。冒頭、原曲では電子音になっているあのメロディーが奏でられるが、原曲の面影はほとんどない。邦楽調に激しくアレンジされている。

   前奏の後、「いよ~」の掛け声を合図に舞台脇から登場するのは、国立劇場の公式キャラクター「くろごちゃん」だ。右手にペン、左手に「三方」(さんぽう、神事でお供えの御饌=みけ=を乗せる台)を携えている。そして、

「I have a pen. I have a Sampo.uhh,Sampo-pen」

   お馴染みのリズムに乗せて、くろごちゃんが踊る。太鼓のリズムは徐々に速くなり、曲調も激しさを増す。くろごちゃんは右手を三方、左手を塗三方(漆塗りした三方)に持ち替えて、ひらひらと舞う。

   最後は

「Pen-Nurisampo-Sampo-Pen」

の掛け声で、バシッと動きを止めた。

   この動画は、国立劇場が公式YouTubeアカウントを立ち上げた翌日の17年1月13日に投稿された。

   週末にかけてじわじわ人気を集め、ツイッターなどで

「なにやってんのwww」
「ピコ太郎、影響及ぼし過ぎ!」
「演奏がとてもすごい」

   と話題を集めた。15日、さまざまなメディアに取り上げられたこともあって、再生数が急増している。15日18時現在、およそ27万4000回だ。

   一体、なぜこんな動画を投稿したのか。国立劇場は、動画の説明書き部分で「邦楽、伝統芸能の普及に一役買えればという思いです」とその意図を明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中