「アウトレイジ ビヨンド」出演の神山繁さん死去 「風格すごかった」

印刷

   独特の存在感がある演技力でテレビや映画、舞台で活躍した俳優の神山繁さんが2017年1月3日に亡くなっていたことがわかった。87歳だった。1月16日、所属事務所が公式サイトで明らかにした。

   新劇出身らしい張りのある声と陰影に富んだ演技で人気があった。骨董などの趣味人としても知られ、最近は、一線からは退き、京都で悠々自適の生活をしていた。故人の遺志を尊重し、近親者のみで見送ったという。

  • 17年1月16日に米寿の祝いを迎えるはずだった(画像は所属事務所のホームページのスクリーンショット)
    17年1月16日に米寿の祝いを迎えるはずだった(画像は所属事務所のホームページのスクリーンショット)

ツイッターにも惜しむ声

   海軍経理学校出身。1952年、文学座へ入り、演出助手のあと俳優へ。60年代は、劇団「雲」、75年には演劇集団「円」に加わった。テレビの人気アクションドラマ「ザ・ガードマン」(65~71年)で、一般にも親しまれるようになった。近年は、自立したお年寄りたちが支え合って暮らすグループホームを描いた作品「ホーム・スイートホーム」(2000年、栗山富夫監督)で、痴呆症状が現れ始めた元オペラ歌手の父親役を主演、話題になった。

   映画では「踊る大捜査線 The Movie 2レインボーブリッジを封鎖せよ!」(03年、本広克行監督)、「沈まぬ太陽」(09年、若松節郎監督)などのヒット作に出演。

   中でも「アウトレイジ   ビヨンド」(12年、北野 武監督)では、ヤクザ組織花菱会の会長役で存在感を発揮しており、ツイッターには

「また敬愛する役者さんが天に召されてしまいました。『アウトレイジ ビヨンド』では凄みの効いた芝居を見せてくれました」
「アウトレイジの花菱の会長の風格すごかったんやけどなぁ...   続編どうなるんや......」

など、神山さんの死を惜しむ声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中