2018年 8月 15日 (水)

月面歩いた最後の「アポロ船長」死去 ユージン・サーナン氏、82歳

印刷

   米航空宇宙局(NASA)のアポロ計画で月面に降り立った「最後」の宇宙飛行士、ユージン・サーナン氏が2017年1月16日、死去した。82歳だった。NASAが公式サイトで発表した。

   1934年、イリノイ州シカゴ生まれ。パデュー大学を卒業後、海軍パイロットとなり、63年にアポロ計画の宇宙飛行士に選抜された。66年、「ジェミニ9号」に搭乗して宇宙飛行を経験すると、69年には「アポロ10号」で月に接近し、72年12月、「アポロ17号」の船長として月面に着陸した。

   アポロ計画は17号で幕を下ろし、以降は月への有人飛行は行われていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中