東京・竹橋駅に生まれた「意図せぬアート」 「模様のようなテープ」の正体は?

印刷

   東京メトロ東西線の竹橋駅(東京・千代田区)ホームに、「現代アートが展示されている」とネットで評判になっている。ツイッターで拡散された写真を見ると、壁に貼られたテープのようなものがさまざまな模様を作りだしている。

   「ある意味『印象派』だな」「ドット絵のようにも見える」と話題を集めたこの模様は一体、何か。詳細を確かめるべく、記者は現地に向かった。

  • アートに見える?(2017年1月18日撮影)
    アートに見える?(2017年1月18日撮影)
  • 2017年1月18日撮影
    2017年1月18日撮影

水色とピンク色のテープで「現代アート」

   2017年1月18日昼、記者が乗った電車が竹橋駅に到着した瞬間、ホームの壁一面に奇妙な模様が浮き出ているのが目に入った。

   近づいて確認すると、その模様は水色とピンク色のテープで作られていた。テープの上には、マーカーで何やら数字が書いてある。上り、下り、どちらのホームの壁にもはりめぐらされていた。

   壁一面に貼られているため、壮大なアート作品のようでもある。貼付場所に規則性のなさそうな様子が、一層不思議さを引き立てている。

   この模様がネットで

「ある意味『印象派』だな」
    「ドット絵のようにも見える」
    「現代アート未遂」

と、新年に入った頃から話題を集めた。

   もしや新手の表現方法なのか。そう東京メトロ広報部に問い合わせたところ、残念ながらアートの意図はないらしい。

   17年2月の駅構内リニューアルに向け、壁に貼られたタイルの浮き具合を調べるため、マーキングしているという。テープの色は、浮き具合の違いで使い分けている。

   なお、工事が本格的に始まる2月以降、順次仮囲いが設置されるため、マーキングは見られなくなるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中