文科省元局長が早大教授を辞職 天下りあっせん問題

印刷

   文部科学省の再就職あっせんをめぐる問題で、早稲田大学は2017年1月20日、元同省高等教育局長の吉田大輔氏(61)が同大教授を辞職したことを発表した。

   早稲田大学の鎌田薫学長は会見で、吉田氏から20日に辞表が提出され、それを受理したと明らかにしたほか、違法なあっせん行為を止められなかったことについて反省の弁を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中