サムスン「ギャラクシーノート7」、発火原因はバッテリー欠陥

印刷

   韓国のサムスン電子は2017年1月23日、発火事故が相次いだスマートフォン「ギャラクシーノート7」について、発火事故の原因はバッテリーの欠陥だったとする調査結果を発表した。モバイル事業責任者の高東真(コ・ドンジン)氏は記者会見で、顧客や関係者に謝罪した。

   「ギャラクシーノート7」には2種のバッテリーが使用されており、それぞれに欠陥があったという。今後はより厳しい基準で安全性のチェックを行うとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中