BPO、ASKAタクシー映像問題は「倫理違反問うのは難しい」

印刷

   2016年11月に覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕され、その後、不起訴処分で釈放された歌手のASKAさんが逮捕直前に乗っていたタクシーの車内映像がテレビ番組等で放送された問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)は、審議の対象とせずに各局への注意喚起にとどめることを決めた。17年1月23日、同13日に行われた議事の概要が公開された。

   審議の対象としなかった理由については、各局の報道内容について公益性が否定できない以上、一概に放送倫理違反を問うことは難しく、ASKAさんが自身のブログで「法的手段を進めている」と公表していることなどを勘案したと説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中