「ミヤネ屋」と「ゴゴスマ」区別つかない! MC宮根と石井の声そっくり

印刷

   昼下がりのワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)のMC、宮根誠司さん(53)の声と、同じ時間帯に放送されている「ゴゴスマ GO GO!Smile!」(TBS系)のMC、石井亮次さん(39)の声がそっくりだと、ネット上で噂する人が増え始めている。

   19年ぶりに誕生した日本出身横綱、稀勢の里の土俵入りがほどなく始まる時間帯、2017年1月27日15時すぎ、J-CASTニュース編集部では、テレビから男性MCの声が流れた。「今日、報道陣に稀勢の里さんが手記を書かれた。今の想いを文字にした。どんなことが書いているのか。こちらです」

  • 「宮根」アナの声でお送りします(画像はミヤネ屋HPより)
    「宮根」アナの声でお送りします(画像はミヤネ屋HPより)
  • 「石井」アナの声でお送りします(画像はゴゴスマHPより)
    「石井」アナの声でお送りします(画像はゴゴスマHPより)

ツイッターにも勘違いの声続々

   これを聞いていた記者が「ミヤネ屋でやってるね、稀勢の里」とつぶやくと、テレビの近くにいた別の記者が「いえ、これゴゴスマですよ」。この会話に、編集部員の多くが視線をパソコンからテレビに移し、「この声、宮根(誠司)じゃないの!?」

   実は、ツイッターで検索すると、同種の感想が次々と見つかった。

「TBSゴゴスマ テレビつけて音だけ聴いてると、ミヤネ屋だと思ってた。MCの声や話し方も似てるし(以下略)」(17年1月20日)
「ゴゴスマの男のアナウンサーの声って、かなりミヤネに似てると思うんだが」(16年8月25日)
「ミヤネ屋だと思って見てたらゴゴスマだった。MCの人、ミヤネさんに声似てるね」(16年8月22日)
「ゴゴスマの石井アナと宮根の声、似てるからミヤネ屋見てんのかと思った」(16年1月26日)

などなど、一様に両MCの「声」が似ている、という指摘が相次いでいる。

共通キーワードは「大阪」

   ミヤネ屋は、2006年から読売テレビ(大阪市)がスタートさせた。08年から日本テレビも放送を始め、東京などでも見ることができるようになった。MCの宮根さんは、島根県出身。関西大学(大阪府)卒業後、朝日放送(大阪市)アナウンサーを経て、04年からフリーとして活躍している。

   一方、ゴゴスマは2013年、CBC(名古屋市)の放送で始まり、15年からTBSでも視聴可能に。石井さんはCBCのアナウンサー。大阪府出身で同志社(京都市)卒。

   宮根さんと石井さんには、「大阪」のキーワードが共通し、声質だけでなく、独特のイントネーションも含め、「似ている」という印象を与える要因になっているようだ。

   また、両番組の放送時間は、たとえば2017年1月27日でみると、いずれも「13時55分~15時50分」。似た声のMCが、同じ時間帯の番組で活躍――こんな時間的な要因も、勘違いする人が続出する原因かもしれない。

   東京圏でも両番組が視聴できるようになった2015年には、既にこんな指摘もツイッターに出ていた。

「ゴゴスマ付けてPCやってるけど、メインアナの声としゃべり方がミヤネに似てる(気づくの遅い?)」(15年10月29日)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中