2018年 7月 20日 (金)

ホンダ・シビック、「走りにこだわる」層に響くか 「まるでアメ車」と失望の声も

印刷

   ホンダは今2017年夏、「シビック」シリーズを日本市場に6年ぶりに再投入する。千葉・幕張メッセで1月中旬に開かれた「東京オートサロン2017」の場で明らかにされた。世界的に人気が高いものの、日本では販売されていないことから、待望久しいシビックだけに、かつての人気車を復活させ、国内販売のてこ入れを図る考えだ。

   今夏の投入が予定されているのは、広い室内空間と力強い走りへのこだわりが評価されて、最も優れた車に贈られる「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を2016年に受賞したシビックセダンに加え、5ドアのシビックハッチバック、スポーツ性能を高めたシビックタイプRの3タイプ。

  • 人気車復活で、てこ入れなるか(ホンダHPより)
    人気車復活で、てこ入れなるか(ホンダHPより)

ハッチバックとタイプRは英国で生産して日本に輸入

   シビックセダンは埼玉県寄居町の工場で生産し、ハッチバックとタイプRは英国で生産して日本に輸入するという。国内での価格や販売目標は明らかにされなかった。

   シビックは1972年に誕生し、これまでに世界で累計約2400万台を販売している。ホンダの後継モデルがある乗用車の中では、最も古いブランドの一つ。欧米や中国などアジアでも展開しており、ホンダがグローバルな自動車メーカーへと成長するきっかけとなった。

   国内でも人気だったが、燃費性能や実用性の高い軽自動車やミニバンが台頭してきたため、限定販売を除くと2011年に国内販売を終了した。それは、ホンダが軽自動車やミニバンに力を入れていることを示している。このため、走りにこだわる自動車ファンは国内外のライバルメーカーに流れたとされ、この層を取り戻そうというのが今回のシビック復活というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中