19歳・渡辺一平が世界新 200メートル平泳ぎ

印刷

   2017年1月29日、東京辰巳国際水泳場(江東区)で行われていた「KOSUKE KITAJIMA CUP 2017」(東京都選手権)で、早稲田大学の渡辺一平選手(19)が、男子200メートル平泳ぎで世界新記録となる2分6秒67を記録した。それまでの世界記録は、山口観弘選手が2012年に出した2分7秒01で、そこから0秒34更新した。

   渡辺選手は、2016年のリオデジャネイロ五輪にも日本代表として参加し、200メートル平泳ぎの準決勝では五輪記録を更新したが、決勝では6位とメダルには届かなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中