2019年 6月 18日 (火)

「安い電気か、稼ぎのいい夫か」 「ENEOSでんき」CM炎上

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「ENEOSでんき」のテレビCMがネット上で物議を醸している。小池栄子さん演じる主婦が、自由に使えるお金が少ないと悩み、夫に向かい「稼ぎのいい夫に変える」と発言しているからだ。

   これを男性蔑視、女尊男卑だと問題視する人が出て、ちょっとした「炎上」騒ぎに発展している。

  • 女尊男卑?(写真はユーチューブの「ENEOS TV」スクリーンショット)
    女尊男卑?(写真はユーチューブの「ENEOS TV」スクリーンショット)

男性蔑視、女尊男卑の指摘

   問題のCMは、JXエネルギーが2017年1月25日にユーチューブでも公開したENEOSでんき「主婦の決断」編。「ENEOSでんき」を使えば月々の電気代が割安になるというもので、友人と応接室でお茶を飲みくつろいでいる小池さんが、

「主婦ってさぁ、毎月自由に使えるお金って、少ないのよねぇ」

と友人に同意を求める。そして、その解決策は2つあるとし、

「安い電気に替えるか、稼ぎのいい夫に替えるか・・・」

と言い、ドアの隙間から小池さんの様子を恐る恐る覗いていた夫役の古舘寛治さんに目を向け、

「本気よ!!」

と啖呵を切るというもの。そして恐怖で顔が引きつった古舘さんの体が吹っ飛んで行くシーンで終わる。

   これを見た人たちはCMとはいえ、あまりに一方的な夫婦関係に、「呆れる」「不快だ」という声が挙がり、男性蔑視、女尊男卑だとの指摘が相次ぐことになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中