2018年 7月 22日 (日)

「代わり見つけなければ罰金」 セブン「独自ルール」に浮かぶコンビニ求人地獄

印刷

   東京都武蔵野市内のセブン-イレブン加盟店が、病欠したアルバイト店員に「ペナルティ」を科した件が大きな注目を集めている。代わりの人を探さなかったことを理由に、休んだ時間分を罰金として減額していたのだ。

   本来、代わりを見つけるのはアルバイトの仕事ではない。今回の問題からは、コンビニの人手不足や求人の難しさが改めて浮き彫りになった。

  • セブン-イレブン加盟店の罰金対応に注目集まる
    セブン-イレブン加盟店の罰金対応に注目集まる

「ペナルティ 935円×10時間 ¥9350」

   親会社セブン&アイ・ホールディングスの広報センターによると、ペナルティを科せられたのは、同店でアルバイトとして働いていた16歳の女子高生。

   2017年1月下旬、女子高生は風邪を引いたため、シフトの入っていた2日間(計10時間)を欠勤した。26日にバイト代を受け取ったところ、実際に働いた25時間分のバイト代から休んだ時間分に相当する額が差し引かれていた。

   広報センターによれば、この店には、休む際に代わりを探さないとペナルティを科すという「独自のルール」があったという。実際、女子高生の家族が26日にツイッターに投稿した写真を見ると、「ペナルティ 935円×10時間 ¥9350」と書かれた付箋が給与明細に貼られていた。

   労働基準法91条では、就業規則で定める減給制裁の上限として「一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない」としている。セブン&アイは、店側の対応はこの法令に違反すると判断。差引額の全額返済を指示したという。

   広報センターの担当者はJ-CASTニュースの取材に「加盟店の法令に対する認識不足で本当に申し訳ない」とコメント。また、「全体を管理するのはオーナーの役割。ペナルティを科すというルール自体も不適切だった」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中