2018年 10月 23日 (火)

「代わり見つけなければ罰金」 セブン「独自ルール」に浮かぶコンビニ求人地獄

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   東京都武蔵野市内のセブン-イレブン加盟店が、病欠したアルバイト店員に「ペナルティ」を科した件が大きな注目を集めている。代わりの人を探さなかったことを理由に、休んだ時間分を罰金として減額していたのだ。

   本来、代わりを見つけるのはアルバイトの仕事ではない。今回の問題からは、コンビニの人手不足や求人の難しさが改めて浮き彫りになった。

  • セブン-イレブン加盟店の罰金対応に注目集まる
    セブン-イレブン加盟店の罰金対応に注目集まる

「ペナルティ 935円×10時間 ¥9350」

   親会社セブン&アイ・ホールディングスの広報センターによると、ペナルティを科せられたのは、同店でアルバイトとして働いていた16歳の女子高生。

   2017年1月下旬、女子高生は風邪を引いたため、シフトの入っていた2日間(計10時間)を欠勤した。26日にバイト代を受け取ったところ、実際に働いた25時間分のバイト代から休んだ時間分に相当する額が差し引かれていた。

   広報センターによれば、この店には、休む際に代わりを探さないとペナルティを科すという「独自のルール」があったという。実際、女子高生の家族が26日にツイッターに投稿した写真を見ると、「ペナルティ 935円×10時間 ¥9350」と書かれた付箋が給与明細に貼られていた。

   労働基準法91条では、就業規則で定める減給制裁の上限として「一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない」としている。セブン&アイは、店側の対応はこの法令に違反すると判断。差引額の全額返済を指示したという。

   広報センターの担当者はJ-CASTニュースの取材に「加盟店の法令に対する認識不足で本当に申し訳ない」とコメント。また、「全体を管理するのはオーナーの役割。ペナルティを科すというルール自体も不適切だった」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...