ゲーム機を抱っこし「寝かし付けバトル」 任天堂「赤ちゃん」のシュール映像

印刷

   母親になりきり、なんとゲーム機を...。任天堂の新型機「Nintendo Switch」向けのゲーム「赤ちゃん」のプレイ動画がユーチューブにアップされ、その内容が賛否両論になっている。

   Nintendo Switchは、2017年3月3日に発売が予定されており、据え置き用としても携帯用としても遊べるのが特徴だ。

  • ゲーム機抱っこが話題に(ユーチューブから)
    ゲーム機抱っこが話題に(ユーチューブから)

画面には赤ちゃんの泣き顔

   同じ日には、Switch用の28種類のソフトを集めた「1-2-Switch」が発売される予定で、それを前にした2月6日にソフトのプレイ動画が公開された。

   赤ちゃんが寝ている姿が映され、泣き声が聞こえてくる。すると、赤いエプロンをした若い女性が、母親になりきった様子で、ゲーム機を両腕に抱えてあやし始めた...。

   画面には、赤ちゃんの泣き顔が現れ、女性があやし続けると、やがてすやすやと眠りにつく。その後、ベビーベッドの上にゲーム機を置いてそっと離れると、また赤ちゃんの声が...という流れだ。

   「赤ちゃん」のプレイ動画は、1分弱ほどになっている。任天堂の公式サイトでは、このゲームについて、「前代未聞のプレイスタイル!」「新感覚寝かしつけバトル!」などとPRしている。

   これに対し、ネット掲示板などでは、動画の「新感覚」ぶりが怖いと驚きの声が上がった。「シュール過ぎ」「電車とか公園でやった日にはすごい勢いで拡散されるだろう」「やばいスイッチ入れちまったな」などと書き込まれ、動画の女性については、「赤ん坊が死んで病んじゃった母親に見える」といった声さえ出た。ゲームを発売することについては、「大丈夫か、ニンテンドー」「狙ってやってるのか」などと様々な意見が上がっている。

「個別のご意見にはお答えしていません」

   「赤ちゃん」の動画は、2月9日夕現在で20万回ほども再生されており、低く評価する声の方が多くなっている。

   また、「1-2-Switch」のほかのソフトでも、例えば、ゲーム機をひげそりに見立てて遊ぶ「ひげそり」のように、傍から見れば異様にも見えるゲームがあるとの声も出ていた。

   もっとも、ネット上では、こうしたゲームを評価する声も多く見られる。「ある意味究極のリアルを追求してるなw」「これだけぶっとんだバカゲー出せるのは面白い」「まあ、キッズのおままごとには、ええんちゃうか?」といったものだ。また、任天堂のゲーム機「Wii」などには、赤ちゃんをあやす別の遊び方のゲームもあったため、今回の「赤ちゃん」はその進化系ではないかとの指摘もあった。

   任天堂の広報グループでは9日、ネット上の声について「個別のご意見にはお答えしないことにしています」とJ-CASTニュースの取材に答えた。ただ、ゲームについては、「話題を取ることが目的ではなく、楽しんでもらえるように作りました」と説明した。3月3日の発売予定についても、現在のところ変更はないとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中