2019年 10月 15日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
スーパーボウルCMに見る米国企業の「意思」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「今日(2017年2月5日)は政治的な立場を忘れ、心をひとつにしてスーパーボウルを楽しみましょう。United States of Americaですから」。米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の優勝決定戦。その朝、スーパーボウルを全米中継するFOXのキャスターが、「ユナイテッド(団結した)」を強調し、こう話していた。

   地元のチームがプレイするならともかく、スーパーボウルに関心がないという人も珍しくはないが、ニューイングランド・ペイトリオッツの歴史的な大逆転は、見る人の心をひとつにした。しかし、合間に流された数々のCMは、「政治的メッセージ」と捉えた人も多く、意見が激しく対立した。

  • 2月5日のスーパーボウルの実況を見るために、NYのスポーツバーには多くの人が集まった
    2月5日のスーパーボウルの実況を見るために、NYのスポーツバーには多くの人が集まった
  • 「バドワイザー」のCMの一場面
    「バドワイザー」のCMの一場面
  • 「エアビーアンドビー」のCMの一場面
    「エアビーアンドビー」のCMの一場面

FOXが拒否した「壁」の映像

   なかでも大きな物議をかもしたのが、建設資材チェーン「84 ランバー」のCMだ。中南米系の母娘が故郷を去り、米国境へたどり着くが、目の前に壁が立ちはだかる。娘が道中で拾い集めたビニールの端切れで作った星条旗を、母親に見せる。と、壁に巨大な扉があることに気づく。扉を押し、光の差す新天地へと入っていく。トラックで木材が運ばれる場面などもあり、扉は同社の建材で作られたとも受け取られる。

   最後に映し出される文字は、「THE WILL TO SUCCEED IS ALWAYS WELCOME HERE.(成功したいという意志をいつでも歓迎します)」。

   FOXが「政治色が濃すぎる」と放送を拒否したため、当日は前半だけが流され、「続きは当社のサイトで」と誘導した。すると、国境を越えようとする母娘の結末を知りたいとアクセスが殺到し、同社のサイトがクラッシュした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中