ちょっとだけ台湾気分を味わえる 屋台名物ホカホカフードを完全再現

印刷




   台湾を旅行したら、屋台を巡っての食べ歩きが楽しい。代表的な「B級グルメ」のひとつが、「葱抓餅」(ツォンジュアビン)だ。実は日本でも、しかも家庭で簡単に作れる「もと」が手に入る。

   「抓」は中国語で「つかむ、握る」の意味。お好み焼き状の平べったい餅をフライパンで熱しながら、トングで何度もつかんで餅の中に空気を送り込むのがコツ。寒い季節にピッタリの、ホカホカフードの出来上がりだ。

  • 動画では作りかたのコツも分かる!?
    動画では作りかたのコツも分かる!?
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中