2018年 10月 15日 (月)

黄砂の飛来さらに正確・詳細に予測 気象庁が新たな予測図導入へ

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   気象庁は2017年2月14日、黄砂の飛来に関する新たな予測図を2月22日に導入すると発表した。

   黄砂は中国大陸の砂漠や高原から日本へ飛来し、視界の悪化による交通機関の遅滞に加えて、洗濯物や自動車が汚れるなどの影響を及ぼす。気象庁では、黄砂が飛んできても適切な対策を取れるように、黄砂の実況と予測情報をウェブサイトで提供している。

   今回導入する新たな予測図は、大陸の砂やちりの舞い上がりがより正確に分かるよう改良し、細かい分布で予測できるよう高解像度化もした。黄砂飛来の見逃しが減るとともに、どこにどれだけ飛んでくるかがより正確、詳細に予測できるようになるという。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...