金正男氏情報、貿易商が「北」に提供の報道 韓国統一省「確かめねばならない」

印刷

   金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された事件で、逮捕された実行犯が「いたずら目的だった」などと供述する中、新たな「キーマン」とも言える手引き役の存在も浮かび上がってきた。

   元々は正男氏と親しくしていた貿易商が、自分の身を守るために正男氏の居場所に関する情報を北朝鮮側に伝えた可能性がある、というのだ。この「手引き役」の存在を指摘する報道に、韓国当局は「今後、確認しなければならない」としており、今後、「手引き役」の存在がクルーズアップされる可能性もある。

  • 実行犯に犯行を指示したのは誰だ(写真は地元メディアより)
    実行犯に犯行を指示したのは誰だ(写真は地元メディアより)

犯行女性「100ドルでいたずらしないか」持ちかけられる

   現地警察は2017年2月15日から16日にかけて、ベトナムのパスポートを持つドアン・ティ・フォン(29)、インドネシアのパスポートを持つシティ・アイシャ(25)の両容疑者を逮捕した。現地報道によると、両容疑者は「『いたずら』をするように頼まれた」などと供述しており、フォン容疑者は「私はネットアイドル」などと話しているという。インドネシアのニュースサイトによると、アイシャ容疑者はクアラルンプールのナイトクラブで、見知らぬ男から「100ドル(約1万1000円)でいたずらをしないか」と持ちかけられ、現金を必要としていたため話を受け入れたという。アイシャ容疑者は、フォン容疑者のことも正男氏のことも知らなかったと供述しているという。

   マレーシア国営のベルナマ通信は2月17日、

「外国工作員の犯行だと結論づけるのは時期尚早」
「捜査は進行中で、事案は複雑だ」

とする現地警察幹部の声を伝えている。

   警察はさらに4人の男の行方を追っており、この4人と北朝鮮当局との関連が注目される。

中国で正男氏に便宜を図った駐在員は粛清

   これと並行する形で浮上しているのが「手引き役」の存在だ。

   朝鮮日報は2月17日、「ハン・フンイル」と名乗るマレーシア在住の北朝鮮人貿易商が事件に関与していた疑いがあるとして、韓国の情報当局が調べていると報じた。

   朝鮮日報が消息筋の話として伝えたところによると、ハン氏は年齢70代半ばで、30年以上マレーシアに居住。北朝鮮が東南アジアで行っている外貨稼ぎの事業を統括する立場にあるという。ハン氏は、正男氏がビジネスでマレーシアに出入りする際にも便宜を図るなどして親しくしてきた。

   だが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が政権を引き継いでからは、中国で正男氏に便宜を図ってきた駐在員が処刑されるなど、「正男ライン」に対する圧力が強まった。ハン氏も16年に北朝鮮本国に呼び戻されて調査を受けたが、(1)金日成主席や金正日総書記の誕生日ごとに数万ドル(数百万円)を「上納」してきた(2)マレーシアのエリート層とも太い人脈がある、といった点を考慮され、マレーシアに戻ることが許されたという。

   こういった背景から、別の消息筋は、

「ハン氏が生き残ることと引き換えに、正男氏との関係を整理することにした。今回、北朝鮮が金正男氏を暗殺する過程でも情報を提供するなどの役割をした可能性がある」

と解説したという。

   聯合ニュースによると、韓国統一省の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は2月17日の定例会見で、この報道について

「今後、確認しなければならない」

と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中