2020年 3月 29日 (日)

ノムさん、黒田永久欠番に「がっかりした」 なってしかるべきは「この私だ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2016年シーズン限りで現役を引退した元広島カープの黒田博樹投手(42)の背番号「15」が永久欠番になったことについて、野球評論家の野村克也さん(82)が雑誌の連載コラムで「ぼやき」を連発した。

   黒田投手の永久欠番は、日米通算203勝という通算成績に加え、メジャーからの高額オファーを蹴って古巣・広島に戻った「男気」が評価されたものだ。だが、この決定を知った野村さんは「プロ野球と関わりたくなくなったほどがっかりした」という。

  • 野村さんの著書「プロ野球 最強のエースは誰か?」(彩図社)
    野村さんの著書「プロ野球 最強のエースは誰か?」(彩図社)

「永久欠番も安っぽくなった」

   野村さんが永久欠番に関する「ぼやき」を連発したのは、2017年2月20日発売の月刊誌『本の窓』(小学館)に掲載された連載コラム「野村の日本プロ野球史」だ。

   コラムの冒頭、黒田投手の背番号「15」が永久欠番に決まったというニュースを紹介した野村さん。「黒田に対しては何のうらみつらみもない」と前置きした上で、

「このニュースを聞いて、正直、思った。『永久欠番も安っぽくなったなあ......』」

との感想をストレートに綴っている。

   そもそも、黒田投手は20年のプロ生活(うち7年はメジャーリーグ)で通算203勝を挙げ、防御率3.51という申し分のない成績を残しているピッチャーだ。さらに、14年のオフには20億円ともいわれるメジャーからの高額オファーを蹴って、古巣・広島と推定年俸約4億円で契約。その「男気ぶり」が称賛を集めた。

   実際、共同通信が16年10月31日に配信した記事によれば、広島の松田元(はじめ)オーナーは黒田投手の永久欠番について、

「(黒田投手は)お金だけじゃない価値観というのを今の社会に示した(略)日米通算203勝した投手というだけではなく、彼が与えた影響などが記憶に残るようにしたかった」

と説明したという。

   こんな理由で決まった黒田投手の永久欠番に、いったいなぜ野村さんは「がっかりした」「(永久欠番が)安っぽくなった」との不満を連発しているのか。その理由について、野村さんはコラムの中で、

「黒田の功績にケチをつける気は毛頭ない。しかし、彼の背番号が永久欠番になるのなら、ほかになってしかるべき選手がいると思うのだ。その代表がこの私だ」

と説明している。つまりは、自分の背番号が「永久欠番になっていない」ことが納得いかないというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中