車輪付き乗り物で子どもの事故多発 キックスケーターでは死亡例も

印刷

   キックスケーターに乗っていた児童2人が乗用車にはねられる事故が起きた。過去にも、キックスケーターによる子どもの痛ましい事故が何度も発生している。

   子ども用の車輪付の乗り物は、ほかにもある。国民生活センターや消費者庁はそれらのリスクを指摘し、たびたび注意喚起をしている。

  • キックスケーターで自動車にはねられる事故が起きた(写真は国民生活センターの2011年10月6日付発表資料から)
    キックスケーターで自動車にはねられる事故が起きた(写真は国民生活センターの2011年10月6日付発表資料から)

メーカーが指南する「正しい乗り方」3点

   キックスケーターは、腰ほどの高さにあるハンドルを持ち、車輪付きボードに片足を乗せてもう片方の足で地面を蹴って進む。

   事故は2017年2月15日、愛知県春日井市の市道交差点で起きた。小学校3年生の姉と1年生の弟が、キックスケーターで道路横断中に乗用車にはねられ、病院に搬送された。現場には信号と横断歩道がなかった。

   キックスケーターでの事故は以前から何度か起きており、消費者庁は14年10月17日にウェブサイトで注意喚起していた。それによると、10歳未満の子どもが走行中にけがをしたという報告が10年4月から14年9月までに53件、消費者庁に寄せられていた。「道路に飛び出してスクーターに衝突して転倒し、擦り傷を負った」、「急な下り坂を走行中、側溝に引っかかって転倒、頭部を負傷した。急性硬膜外血腫で入院したが、1か月後に死亡した」との事例がある。

   消費者庁は、キックスケーター使用時に「ヘルメットを必ず着用させる」「道路の走行は危険なので、周囲や路面の状況を確認し、安全な場所で使用させる」「正しい乗り方を練習させる」ようにと保護者に注意喚起している。

   J-CASTヘルスケアは20日、キックスケーターの「正しい乗り方」について、大阪にあるメーカー「ジェイディジャパン」に取材した。広報担当者は「デッキに片足を乗せ、もう片方の足で地面をゆっくり蹴りながら進む」「カーブは、体重移動させながらゆっくり曲がる」「急ブレーキをかけると転倒のおそれがあるので、止まる時はフットブレーキを徐々にかける」と、「漕ぎ方」「曲がり方」「止まり方」の3点をあげた。他にも、取扱説明書に書かれている細かい注意点を読むことが大切だ。

ローラー付シューズ、ペダルなし二輪遊具も注意

   一方、子ども用の「ローラー付シューズ」も事故が多いと、国民生活センターが指摘していた。かかと部分に車輪が取り付けてあり、助走をつけてつま先をあげると滑走できる靴だ。

   同センターの2010年5月26日の発表によると、02年度以降約30件のトラブルが報告されていた。事例を見ると、「段差に引っかかって転倒し、手首を骨折した」、「車やバイクを運転中、ローラー付シューズで滑る子どもとぶつかりそうになったことがある」といった内容だ。同センターは「交通のひんぱんな道路での使用は禁止されている。このような場所では使用しないこと」と呼びかけていた。最近では15年3月30日、神奈川県がウェブサイトで「ローラー付シューズの事故にご注意」として、使用方法や使用上のマナーを示している。

   ペダルがない小さな自転車のような乗り物「ペダルなし二輪遊具」も、気をつけたい。自転車に乗る前にバランス感覚を養うため、幼児期に使われる場合が多い。14年7月3日の同センターの発表によると、「坂道の公道を走行中、スピードが出たため遊具ごと転倒し、打撲した」といった事例が10年12月から14年4月までの間に18件寄せられた。「道路や駐車場などで遊ぶことは、歩行者や自転車との接触・衝突などの危険性があるばかりではなく、止まれずに飛び出して自動車との重大事故になることも考えられます」として、同センターは「坂道や公道での使用禁止」「必ず保護者が立ち会い、子どもから目を離さないように」と注意を促していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中