村上春樹さん7年ぶりの長編小説 都内書店は開店前倒しも

印刷

   作家の村上春樹さん(68)の新作「騎士団長殺し」(新潮社)が2017年2月24日に発売された。

   今作は、第1部「顕れるイデア編」と第2部「遷ろうメタファー編」の全2冊で構成される長編小説。村上さんの長編小説は「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」以来4年ぶりで、複数巻にまたがる小説は「IQ84」以来7年ぶりになる。

   J-CASTニュースが丸善 丸の内本店(東京都千代田区)に取材したところ、営業時間を通常より1時間早い8時に変更して発売に備えたという。同店店長は「13時までで数百冊の単位で売れている」と話し、好調な売れ行きを実感していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中