グーグルアカウントで「強制ログアウト」相次ぐ 2月24日未明から

印刷

   2017年2月24日未明ごろから、一部のグーグルアカウントが強制的にログアウトされ、

「Googleアカウントが変更されました。セキュリティ保護のため、もう一度ログインしてください」

といった文言が表示される事象が相次いでいる。

   グーグル社は、今回の事象は「フィッシングやアカウントのセキュリティに影響するものではない」とし、再度ログインすれば通常通りに利用できると説明したが、事象が発生した原因や復旧のメドは明らかにしなかった。

   利用者からは「乗っ取り?」「Googleアカウントが消えた」といった不安の声が挙がっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中