2018年 9月 19日 (水)

スピードスケート小平、日本女子初の総合優勝 世界スプリント

印刷

   スピードスケート女子の小平奈緒選手(30)が2017年2月26日(現地時間)、カナダのカルガリーで行われた世界スプリント選手権で総合優勝した。日本選手の総合優勝は1987年の黒岩彰選手以来30年ぶり。女子では初めて。

   2日間で500メートルと1000メートルを2本ずつ滑り、タイムから算出されたポイントの合計で総合順位を争う大会。小平選手は、25日の両種目でトップに立った。26日は500メートルで1位、1000メートルは3位だったが、4回のレースの結果、総合得点146.390点で世界新記録での優勝となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中