圏央道、茨城県内区間が開通 6つの高速道路が結ばれる

印刷

   首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城県内区間の境古河インターチェンジ(IC)-つくば中央IC間(28.5キロ)が2017年2月26日、開通した。

   これで総延長約300キロの9割が完成し、都心から放射状に延びる東名高速道路や常磐自動車道、東関東自動車道など6つの高速道路が結ばれた。千葉の成田空港から神奈川の湘南地域まで、混雑する都心を避けて行けるようになるため、成田空港からの観光客の増加などが期待されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中