東京MX、「ニュース女子」で見解 「捏造・虚偽は認められない」

印刷

   東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が2017年2月27日、沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた1月2日放送の「ニュース女子」について、放送に捏造・虚偽は認められないとの見解を初めて示した。社の公式サイトで公表した。

   同番組の内容には「沖縄ヘイトだ」「人種差別だ」などの批判が寄せられ、BPO放送倫理憲章委員会が2月10日に審議入りを決定した。審議結果を待たずに見解を発表するのは異例だが、番組の内容や事実、意図と異なる報道がなされている現状に鑑みて公表したという。同社は、

「事実関係において捏造、虚偽があったとは認められず、放送法および放送基準に沿った制作内容であった」

とした一方で、

「適法に活動されている方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現があったことは否めず、当社として遺憾」

であると述べた。再取材をもとに番組を制作し、放送するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中