朴大統領を収賄罪で立件へ 韓国検察が発表

印刷

   韓国の特別検察官捜査は、2017年2月28日、朴槿恵(パククネ)大統領が、自身の支援者である崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀関係にあると判断し、収賄罪で立件することを発表した。聯合ニュースなどが報じた。

   また、サムスン電子の副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)容疑者は、贈賄などの疑いで起訴された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中