小金井刺傷事件で山本寛氏ブログ大炎上 「女子大生に落ち度なかったか」指摘

印刷

   「フラクタル」「らき☆すた」などのアニメの監督として知られる山本寛さん(42)が、アイドル活動などをしていた女子大生の冨田真由さん(21)が刺されて重傷を負った事件について、被害者側にも「落ち度」はなかったのか、とする論をブログで展開した。

   この事件で殺人未遂罪などの罪に問われた岩崎友宏被告(27)は、もともと冨田さんの熱狂的なファンだった。山本さんはこうした両者の関係性を踏まえた上で、「一般人ではなくプロなのだから...」と冨田さんの対応にも疑問を投げかけたのだが、ネット上では、山本さんに対し激しい批判の声が相次いでいる。

  • 山本寛さんのブログ提言に批判相次ぐ(画像は本人ブログのトップページより)
    山本寛さんのブログ提言に批判相次ぐ(画像は本人ブログのトップページより)

「一般人ではなくプロなのだから...」

   山本さんは2017年2月28日、「トラブルシューティング」と題した記事をブログに投稿した。記事では、東京地裁立川支部が同日に懲役14年6か月の判決を岩崎被告へ言い渡したことに触れ、

「被告が許される余地は微塵もない。こんな輩、一生社会に出てこなくていい。だけどね、被害者の女子大生に落ち度がなかったかと言えば、ちょっと異論がある」

と切り出した。

   今回の事件は、2016年5月に東京都小金井市の雑居ビル前で起きたもの。ライブイベント出演のために現場を訪れていた冨田さんが、岩崎被告に首や胸など30か所以上をナイフで刺され、一時は意識不明の重体となった。

   岩崎被告は冨田さんの元ファンで、当時の報道によれば「プレゼントを贈ったが送り返された」などと警察に話していた。岩崎被告本人とみられるツイッターでは、冨田さんに対して脅迫するようなメッセージも執拗に送っていた。そのため、冨田さんは16年4月末に岩崎被告のツイッターアカウントを「ブロック」(アクセス拒否)したとみられている。

   山本さんが「落ち度がなかったのか」と指摘したのは、冨田さんのこういった岩崎被告への対応だ。今回のブログでは、

「こっち関係の知り合いと話すとね、必ず言うのです。『脇甘すぎ』と」

として、

「まず、アイドル活動(に近い活動)をしている人間が、迂闊にファンをブロックしてはダメです。あと、プレゼントを突き返すのも、当てつけに思われてもしょうがないです」

と指摘した。その上で、「一般人ではなくプロなのだから、そこはもっと考えるべきではなかったのか」と疑問を呈した。

「被害者に対処法はあったのか、という疑義」

   被害者側の対応を問題視した山本さんのブログに対し、ツイッターでは「素人が被害者にも落ち度とか馬鹿じゃないの」「何様のつもりなの」といった批判が相次いだ。

   こうした反応などを受け、山本さんは3月1日未明に「判官びいき」と題してブログを更新。その冒頭で山本さんは、前日のブログを否定的に取り上げたニュースサイト「ギャンブルジャーナル」の記事を引用し、その内容に反論。続けて、

「じゃあね、たとえば僕がネットでアンチを散々煽ったとして、それで刺されたらみんな『ざまぁみろ』って言うんでしょ?同情はどれだけ来るの?結局それが君らの勝手な気分、機嫌なんでしょ?」
「これが女子大生だったから、可愛いアイドルだったから、身びいきしてるんでしょ?汚いオッサンは死んでいい、可愛いアイドルは保護されるべき、そう言いたいんでしょ?」

などと怒りを爆発させている。

   その後、山本さんは1日朝にも再びブログを更新。文中では「100%加害者が悪いと言っています」と改めて強調した上で、

「ただ被害者に(略)対処法はあったのか?という疑義です。それは今後、誰かが同じような被害に遭わないための教訓にすべきだとだけ言ってます」

などと釈明した。さらに、1日14時過ぎにもブログを更新しており、一連の投稿についての釈明を続けている。

ツイッターの「ブロック」は警察の指示だった

   ネット上には、「自衛手段がないなら滅多なことはしちゃダメ」「別におかしなことは言ってないよな」などと山本さんの意見に賛同する書き込みも出ており、本人はこうした意見をツイッターで紹介している。だが、それでもネット上での批判はおさまる気配がなく、

「この人が本気でこう思っているなら最低だし、炎上目的なら最悪だ」
「抑止力として機能してなかった所属事務所と警察を批判するならともかく、まだ若いお嬢さんに適切な対応を求めるのは酷」
「被害者のこと考えるなら、今言うべきことじゃない」

といった書き込みが殺到している。そのほか、山本さんのツイッターアカウントにも批判が続々と書き込まれており、いわゆる「炎上状態」となっている。

   なお、山本さんは一連のブログで、ツイッター上で相手を「ブロック」する場合には、拒絶した相手とトラブルに発展する危険を十分に想定すべきだと訴えていた。実際、28日のブログでは、冨田さんが岩崎被告をブロックしたことに触れた上で、

「(冨田さんは)トラブルシューティングなしに、覚悟なしに、持って生まれた気の強さだけで、ことを悪化させてしまった可能性は、あると思うのです」

とも書いていた。

   ただ、冨田さんの弁護団が16年12月に公開した本人の手記によれば、冨田さんは警察から「使っているSNSから犯人のアカウントをブロックしてください」と説明されたという。そのため、インターネット上には、

「偉そうに被害者叩きする前に事件の詳細くらい調べろ」

といった声も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中