2019年 12月 15日 (日)

NHKガッテン「不適切でした」異例の冒頭「お詫び」 「糖尿病の睡眠薬治療」を大部分訂正

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   NHKの生活情報番組「ガッテン!」は2017年3月1日の放送で、先週の2月22日に「睡眠薬で糖尿病が治療できる」などとした特集を放送したことについて、番組冒頭でおよそ3分間の時間を割いて謝罪した。

   今回の訂正放送では、「不適切でした」といった言葉が何度も繰り返された。結果としては、問題視された放送内容の大部分にわたり、大幅に内容の訂正を行った形だ。

  • 小野アナウンサーは「不適切でした」という言葉を繰り返した(画像は3月1日の放送より)
    小野アナウンサーは「不適切でした」という言葉を繰り返した(画像は3月1日の放送より)

「(糖尿病治療に)睡眠薬を使うことは認められていません」

   3月1日の放送で訂正と謝罪を行ったのは、「ガッテン!」のMCを務めるNHKの小野文恵アナウンサーだ。その冒頭では、

「説明が不十分だったり、行き過ぎた表現があったりしたため、混乱を招いてしまいました。大変申し訳ありませんでした」

と問題となった22日の放送内容について謝罪。本来は、糖尿病の患者に多い睡眠障害を治療することが、結果として糖尿病の治療につながるといった研究結果を紹介することが番組の趣旨だったとしたが、

「あたかも睡眠薬で糖尿病の治療そのものが、できるような表現をしてしまったため、『睡眠薬の不適切な使用を助長している』とのご批判をたくさんいただきました。糖尿病の治療をするために、直接睡眠薬を使うことは認められていません」

と訂正。「誰もが睡眠薬を貰って糖尿病を治療できるような誤解を与えてしまいました。お詫びいたします」と謝罪した。

   続けて、番組での睡眠薬の紹介の仕方も「不適切でした」と謝罪。番組は、「オレキシン受容体拮抗薬」だけが副作用が少なく効果的だとすすめるような作りになっていたが、

「他の睡眠薬でも同様の研究は進んでいるため、どの睡眠薬がよいとは一概に言えない」

と訂正した。

   また、問題の放送では、番組が紹介した睡眠薬について「副作用の心配が少なくなっているので、糖尿病患者でもわりと気軽に飲める」という医師のコメントを紹介していた。この点についても、

「複数の副作用が報告されています。(略)慎重な取り扱いが必要な睡眠薬について、副作用がほとんどないかのような表現をしたことは不適切でした」

とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中