2018年 12月 12日 (水)

がん研、卵巣がん転移メカニズムを解明 「エクソソーム」がおなかの膜を破壊

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国立がん研究センターと名古屋大学大学院・医学系研究科の共同研究グループは、2017年2月28日、卵巣がんの治療を困難にしている「腹膜(ふくまく)」への転移のメカニズムを、世界で初めて解明したと発表した。

   腹膜はおなかの中で臓器を覆っている膜。卵巣がんが進行すると、腹膜にがん細胞がばらまかれたように広がって転移する「腹膜播種(ふくまくばんしゅ)」という現象が知られている。腹膜播種が発生すると治療が困難になり、再発率も高まる。

進行し治療が遅れると5年生存率が40%に低下

   同センターの報道発表によると、卵巣がんは早期発見の場合、5年生存率(診断から5年後に生存している可能性)が90%だが、進行して治療が遅れると40%にまで低下するため、治療の妨げとなり、進行の目安ともなる腹膜播種のメカニズム解明が求められていたという。

   研究グループはまずマウスでの調査から、卵巣がん細胞が分泌する「エクソソーム」という小さな袋状の物質が、腹膜を構成する成分である「中皮細胞」という細胞を破壊し、がんが転移しやすい状態にしていることを確認。さらに、この現象の原因となる遺伝子「MMP1」も突き止めた。

   卵巣がん患者1000人のおなかに溜まっている「腹水」を解析したところ、MMP1が少なかった患者はその後も長期間生存していたのに対し、MMP1が多かった患者はその後再発や悪化によって死亡するケースが多いこともわかっている。

   研究結果は、英科学誌「Nature Communications」の電子版に掲載される予定。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中