2019年 12月 6日 (金)

「幻の本塁打」少年の顔を報道 「メディアはバートマン事件も知らんのか」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「同年代の犯罪おかしたやつより酷い扱い」

   試合翌日の3月8日のスポーツ各紙をみると、デイリースポーツ(12版B)とスポーツ報知(11版)が少年の「顔」が分かる写真を紙面にそのまま掲載。その一方で、スポーツニッポン(11版B)とニッカンスポーツ(9版)では、少年の腕の部分だけを拡大し、顔が分からない状態にした写真を掲載していた。

   そのほか、フジテレビの「直撃LIVE!グッディ」はツイッター上で、現地にいたユーザーが投稿した少年の写真に対し、使用許諾を求めるリプライを飛ばしていた。この依頼に対し、投稿者は「地上波で(少年を)晒すつもりですか?」との批判を返している。

   こうした一部メディアの報道姿勢について、ツイッター上には、

「一般人が晒し者にするのもどうかと思うがメディアが顔写真や言動を報道するのも問題じゃないっすか」
「同年代の犯罪おかしたやつより酷い扱い」
「日本のメディアはバートマン事件も知らんのか」

といった批判の声が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中