2019年 9月 22日 (日)

マラソンには危険もいっぱい 名古屋マラソン、3人が一時「心肺停止」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   名古屋ウィメンズマラソンなどで心肺停止になるランナーが3人も出て、自動体外式除細動器(AED)を使うなどして蘇生していたことが分かった。医師は、死者が出てからでは遅いとして、健康管理に注意するよう呼びかけている。

   世界陸上の選考会も兼ねて2017年3月12日に行われた名古屋ウィメンズマラソンでは、安藤友香選手(22)が初マラソン日本歴代最高のタイムを叩き出し、20年の東京五輪に向けて明るい話題が生まれた。

  • 名古屋ウィメンズマラソンの公式サイト
    名古屋ウィメンズマラソンの公式サイト

心臓マッサージやAEDで蘇生

   ウィメンズマラソンには、一般参加者ら2万人近くが参加し、女性大会では、ギネス世界記録を更新した。同時開催の名古屋シティマラソンなどを含めると、参加者は3万5000人近くとなり、マラソン愛好者が多くなっていることを裏付ける形だ。

   その一方、3人が一時心肺停止になるなどして、マラソン競技のリスクも浮き彫りになっている。

   主催する中日新聞社の事務局にJ-CASTニュースが3月13日に取材すると、うち2人はウィメンズマラソンの参加者だとした。20代女性は、終盤の42キロ付近で倒れ、緊急医療チームが心臓マッサージを行ってAEDを使う前に意識を取り戻した。30代女性は、走り切ってゴール後に倒れたといい、医療チームによるAED処置で回復した。

   もう1人は、シティマラソンのハーフマラソンに出た40代女性で、終盤の20キロ付近で倒れ、医療チームがAEDで蘇生させた。報道などによると、3人のうち2人が入院し、20代女性は当日中に退院している。

   今回のマラソンでは、1万人に1人ぐらいの割合で一時心肺停止になる人が出たことになる。事務局によると、16年も1人が一時心肺停止になっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中