日本郵便、不正アクセスで個人情報流出か メールアドレスなど3万件

印刷

   日本郵便は2017年3月14日、国際郵便の送り状などをオンライン上で作成できるサイト「国際郵便マイページサービス」に不正なアクセスがあり、登録者のメールアドレスなど約3万件などが流出した可能性があると発表した。

   日本郵便の発表によると、不正アクセスによって流失した可能性があるのは、3月12日から13日までの間に同サイト上で作成された送り状1104件と登録者のEメールアドレス2万9116件。

   日本郵便は、同サイトを一時的に緊急停止し対策を講じた後、復旧させた。情報が流出した可能性のある顧客には今後個別に連絡するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中