2018年 8月 15日 (水)

日本郵便、不正アクセスで個人情報流出か メールアドレスなど3万件

印刷

   日本郵便は2017年3月14日、国際郵便の送り状などをオンライン上で作成できるサイト「国際郵便マイページサービス」に不正なアクセスがあり、登録者のメールアドレスなど約3万件などが流出した可能性があると発表した。

   日本郵便の発表によると、不正アクセスによって流失した可能性があるのは、3月12日から13日までの間に同サイト上で作成された送り状1104件と登録者のEメールアドレス2万9116件。

   日本郵便は、同サイトを一時的に緊急停止し対策を講じた後、復旧させた。情報が流出した可能性のある顧客には今後個別に連絡するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中