2018年 11月 22日 (木)

救急車を呼ぶか、様子をみるか 総務省消防庁が判定サイト開発

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   総務省消防庁は、けがや病気の症状で緊急度を判定するウェブサイトを開発し、2017年3月末をメドに運用の開始を目指している。スマートフォンなどで、救急車を呼ぶ必要があるかを教えてくれる仕組み。増え続ける救急車の出動件数の「適正化」を図るのが狙いだ。

「Q助」3月末にも運用開始

   サイトの名前は「Q助(きゅうすけ)」で、同庁のサイトにリンクが設けられる計画。これまでに一部地域では同じ名称で症状の緊急度を測るアプリが利用されている。

   サイトでは、命にかかわる可能性がある症状から質問し、その可能性がない場合は、異常や痛みを感じる部位やその強さを答えるエリアに進む。回答を受け、サイトでは「救急車を呼びましょう」「様子を見て」などのメッセージが出る。

   総務省消防庁によると、救急車の出動は15年には約605万件あり、このうち搬送を実施したのは約547万件だった。また、搬送を実施した人の49.4%が「軽症」で、同庁では「搬送した結果軽症になったケースも多い」としながらも、実態からは「適正化」の余地は十分にあるとみている。

    「Q助」は、各自治体の消防本部が地元の医療機関を載せた受信ガイドを加えるなどカスタマイズが行われ、運用開始には地域により時間差が出る可能性がある。サイト運用開始とともに、アプリも全国で利用できるよう普及を促す計画。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中